鼻水吸引器は1つ持っていると便利です

赤ちゃんの健康管理をしてあげる中で、以外に大切なのがたまった鼻水の除去です。大人のように赤ちゃんは自分の手でまだ鼻をかむことができないので、大人が処理をしてあげないと鼻の穴に鼻水がたまってしまいます。そのまま放置しておくと中耳炎を起こしてしまい、将来的に聴力が弱くなったりする危険性があります。それを防いであげるには鼻水吸引器を用意しておき、こまめに鼻水を吸い出してあげることです。鼻水をキレイにしてあげるのなら、わざわざ吸引器を用意しなくてもティッシュで拭けばいいと思う人もいるでしょう。鼻水用の吸引器をティッシュよりも簡単に鼻水を除去できるので、1つは持っておくことをおすすめします。ティッシュで拭くと肌が荒れることがありますが、吸引器での処理ならデリケートな赤ちゃんの肌を傷つけることなく済みます。

持っておくと良い吸引器はどれか

鼻水は水のようなサラサラとした状態のものや、ベタッとした粘液の状態のものがあります。サラサラとした状態の鼻水であるのなら、吸引器のポピュラーなタイプであるストロータイプかスポイトタイプが吸い出すのに向いています。ストロータイプとスポイトタイプは値段の相場も1000円前途と高くなく、ネット通販ならドラッグストアよりもさらにお得に買うことができます。赤ちゃんの鼻水の状態が吸い出しにくい粘液状態でないのなら、どちらかの鼻水吸引器で充分に間に合います。ストロータイプとスポイトタイプの鼻水吸引器は、吸引が調節しやすいか本体が鼻の穴に入れやすいかの違いを持っています。ストロータイプの吸引器は親が鼻水を吸引してあげるタイプであり、自分で吸引の力を調整できます。スポイトタイプは吸引の力を調節できませんが、鼻の中に入れやすい作りです。力加減のしやすさか入れやすさか、求める使い方で選べられます。

吸引器を上手に使うポイントについて

1つでも持っておくと良い鼻水吸引器は、手動タイプかストロータイプのいずれかがおすすめとなります。どちらかを選んで購入したとしても、吸引器の使い方は共通しています。入れる角度と力の加減をし、吸いやすい場所を見つけて短時間で処理するようにします。吸引器を使っている方で赤ちゃんが泣くことが多いようなら、挿入角度、力加減、吸引場所が適切でないことが考えられます。赤ちゃんの鼻は小さいので、慎重に処理をすることが大切となります。吸引器の挿入角度として良いのは穴の中に水平にして、鼻の粘膜を傷つけないように入れることです。粘膜が傷つくと免疫力が弱い赤ちゃんは、バイ菌が侵入しやすいので傷つけない角度にして入れましょう。力加減は弱めにして吸引し、こまめに吸い出してあげるようにします。吸引器を入れて良い場所を見つけたら、力を強くしないようにし処理してあげます。