鼻水吸引器の使い方を解説します

赤ちゃんは鼻水が詰まりやすく、それが元になってぐずってしまうことがよくあります。鼻水が原因で起こってしまうぐずりを解決してあげるには、鼻水を吸い出す吸引器を使用してお母さんが赤ちゃんの鼻水を外に出してあげることが一番の方法となります。鼻水吸引器はネットで安く買えるタイプは、チューブで吸い出すものとなるので赤ちゃんが痛がってしまうという心配があります。チューブタイプの吸引器であっても、吸引器の当て方や角度、吸い上げる箇所に注意すれば大丈夫です。赤ちゃんが嫌がるからと鼻水が鼻の中にたまったままにしておくと、耳の炎症の病気を招いてしまうことがあります。幼い内に耳の病気にかかると聴力にも影響を及ぼしてしまう恐れがあるので、鼻水用の吸引器を使ってキレイにしてあげることが大切です。

鼻水用の吸引器を使ってお鼻をすっきりしてあげよう

電動鼻水吸引器にもいくつかの種類があり、その一つにハンディサイズの商品があります。これはコンセントに差し込み式のものとバッテリータイプが主流となっており、片手で運べる程度の大きさと重さなっています。使用方法としてはダイアルを吸引モードに設定し、吸引口を子供の鼻に当てます。あとは機械が勝手に鼻水を吸い出してくれます。また吸引圧は子供用に設定されていることと、医療用吸引器のようにカテーテルを挿入するわけではないため、粘膜を傷つける心配もありません。また商品によっては消音モードも付いているものもあります。それにより夜間でも大きな音を立てず、静かに対応できるため家族への気遣いにも配慮していくことが出来ます。そして吸引ボトルも大きく350㎜l以上の商品も多いです。そのため頻繁に吸引しても一回でまとめて処理できるため手間も少なくて済みます。

吸引器を使う前にしておくと良いこととは

赤ちゃんの鼻水を吸引してあげるには、体が水分でたっぷりと潤っている時が吸い出しやすくなるタイミングです。鼻水吸引器で鼻水を吸い出してあげようと思ったら、その前にお風呂に入れてあげると鼻水が吸引しやすくなります。水分が体に充分に補給されている状態だと、ネバついている粘液状態の鼻水も取りやすいので入浴後の行うようにしましょう。風邪などでお風呂に入れないようなら、お湯で蒸らしたり濡らしたタオルを鼻の下にあて、鼻の中を保湿すると取りやすくできます。鼻水を吸引するには適した状態の時に合わせて行い、水平になるよう角度と吸引箇所に注意すれば簡単に終わらせることが可能です。赤ちゃんの鼻水を吸い出してあげたら、ウエットティッシュや濡らした温かいガーゼで拭いてあげるようにして下さい。