• Home 相場を知っておきたい鼻水吸引器

相場を知っておきたい鼻水吸引器

大人は鼻の中に鼻水がたまって不快になったら、自分で好きな時に鼻をかむことができます。体の機能が未熟な状態の赤ちゃんだと、鼻水がたまって気持ちわるくなっても自分で鼻をかむことができません。たまった鼻水を外にだすためには、お父さんやお母さんに手伝ってもらう必要があります。赤ちゃんの鼻水を出す作業ですが、ティッシュで何度も拭くと鼻の粘膜を傷つけてしまいます。赤ちゃんの体に負担をかけずにするには、鼻水吸引器を使って対処してあげることがおすすめです。鼻水用の吸引器はティッシュで鼻水を拭いてあげるよりも、効率良く鼻水を外に出してあげることができます。拭いてあげるだけだと鼻水が残ったままなので、中耳炎の原因になってしまうこともあります。吸引器も種類があり、種類ごとに値段が違います。種類の用途と値段の相場を知って、赤ちゃんの鼻の状態に合った吸引器を用意してあげましょう。

吸引器の中でもお手頃で使いやすいタイプ

赤ちゃんが鼻の吸引を痛く感じて嫌がってしまう理由は、鼻水をきちんと吸い出せないため長く時間がかかってしまうことからです。赤ちゃんを嫌がらせずに吸引を済ませるには、短い時間で手早く終わらせるのが最善策となります。鼻水用の吸引器を上手く使えずに手間取ってしまうのは、吸引器を入れる場所と角度が悪いことが関係しています。赤ちゃんの鼻に鼻水吸引器を使う際に、吸引場所と角度を適切にすればよく吸い出せるようになります。鼻の中に鼻水吸引器を入れるには、吸引器の角度が鼻の穴に水平になるよう入れてあげることがコツです。穴の中に水平の角度で入れてあげたら、少しずつ吸い出すのに良い場所を探るように進めていきます。鼻水がたまっている吸い出しやすい場所を見つけたら、一気に吸い出してあげましょう。

一回で鼻の中をキレイにできる電動タイプ

ティッシュで鼻水を拭いてあげるよりは、ストロータイプとスポットタイプの吸引器は鼻水の量を取ることができます。この2種類の吸引器のデメリットとしては、やはり手動なので1回では完璧に鼻の中の鼻水を吸引できないことです。何回も鼻に吸引器を使うと痛みを感じることがあるので、赤ちゃんが嫌がってしまう場合もあります。1回で鼻水を吸引するには手動よりも、電動で吸引する鼻水吸引器を使うことがおすすめの方法となります。電動タイプの吸引器は音が響きますが、吸引率が手動よりも高く何回も吸引する必要がなくなります。値段の相場としては3000円前後となっており、手動のストロータイプなどよりは高い吸引器です。初期費用は手動の吸引器よりもかかりますが、性能も良く短い時間で作業できるメリットがあります。