あると便利な鼻水吸引器の使い方

赤ちゃんがいる方で鼻水のつまりでお子さんがぐずってしまい、なだめるのに苦労されていることはないでしょうか。生まれたばかりでまだ体の機能が育っていない赤ちゃんは、鼻水が鼻の中にたまってしまいがちです。たまった鼻水を赤ちゃんは自分でかむことはできないため、鼻水をキレイに取るには大人の手が必要となります。そんな時に鼻水の除去に活躍してくれるのが鼻水吸引器であり、ティッシュで拭いてあげるより簡単に鼻水をキレイにしてあげることができます。鼻水専用の吸引器を使用するのなら、鼻の穴の中に入れるので角度に注意して時間をあまりかけずに吸い出してあげます。吸引器での鼻水の除去を嫌がる赤ちゃんが多いのですが、それは入れる角度が適切でなく時間がかかってしまうことが原因です。

赤ちゃんに負担をかけずに鼻水を吸引する

ドラッグストアやネットストアで販売されている鼻水吸引器は、主に電動タイプ・手動タイプ・ストロータイプの3種類があります。電動タイプは粘ついた取りにくい鼻水も一気に取ることができ、何回も吸引しなくてよい使いやすさを持っています。ただし他の2つのタイプが1000円前後で買えるのと比べて、電動タイプは数千円もしてしまう商品です。鼻水の状態がひどくないのなら、電動タイプでなく手動タイプかストロータイプにしましょう。鼻水吸引器の手動タイプは、スポイトはポンプで鼻水を吸引し、ストロータイプは管を通して口で吸引をします。外でも使える持ち運びやすさを求めるなら、手動タイプが最適となります。手しか使わないので風邪などの病気を感染させることがないのも、衛生的な面で安心感があります。鼻の奥までしっかり吸引したいのなら、吸引力が手動より高いストロータイプがぴったりです。口で吸引するといっても吸った鼻水は、管のたまる場所に落ちるので口に入ることはありません。

初心者はストロータイプの吸引器を選びましょう

鼻水を吸い出す吸引器にも色々と種類があり、購入するのにとまどってしまいます。売られている鼻水用の吸引器の種類は、口で吸うストロータイプ、ポンプやスポイトで吸い出す手動タイプ、乾電池を使用した機械で吸う電動タイプなどになります。金額としてストロータイプと手動タイプは1000円前後で買うことができ、電動タイプだと値段が3000円前後と倍になるので安価に買いたいのならストロータイプか手動タイプの鼻水吸引器が良いです。鼻水用の吸引器を使うのが初めてというお母さんには、手動タイプではなくストロータイプが合っています。ストロータイプはお母さんが自分の口で吸うので、力の調整がしやすい特徴があります。最近のストロータイプは管に吸引した鼻水をためる部分があり、お母さんの口に直接入らないように配慮されているので衛生面でも心配ありません。